栄光への架け橋

韓国国立劇場 で演奏してきました。
日本と韓国の文化交流事業で、日本の演目と韓国の演目を交互に披露するという
舞台でした。
韓国の舞踊や太鼓も素晴らしい。
こちらも日本の太鼓に携わるものとして、少しでも韓国との文化交流の架け橋となれるよう
十八番演目を用意して臨みました。
客席はドッと湧いて大きな歓声と拍手をいただき、一安心。

今回、韓国舞踊の第一人者 鞠守鎬先生 が
うちのスタイルを評価してくださり、韓国への架け橋を渡してくださいました。
この9月に正式に旗揚げ公演を始めたばかりで、チームとしての実績は無いにも関わらず、
早くも海外で公演の機会をいただけたのは、先生のお力添えがあってこそのこと。
最後の食事会では芸道の大先輩として沢山の激励メッセージをいただき、
これからの大きな大きな財産となりました。

そして何より、苦楽を共にしているこのメンバーと一緒に世界の大舞台で勝負できることが
しみじみと嬉しく思えた旅でした。
舞台では真剣勝負張り詰めた空気になりますが、夜ソウルの街に繰り出して楽しそうにしている
メンバーの顔を見ていると、おこがましいかもしれないけれど、これから皆にもっともっといい思いをさせてあげたいと強く思いました。
和太鼓に宿る力が自分の力と過信することなく、和太鼓の魅力を引き出すことを真面目に追求していきたいです。
明日からまた早起き学校公演ラッシュの後半戦。子ども達に日本の誇る和太鼓の素晴らしさを
伝える挑戦です。

image

image

image

image

初日の幕が

和楽総合芸術集団「山田純平×熱響打楽」の旗揚げ全国ツアー
無事に初日の幕を仙台で開けることができました。

最後鳴り止まない拍手を浴びて、感謝の気持ちを伝えたいのに
逆に客席から「ありがとう」の声があちこちから聞こえ、
初日のここにたどり着くまで、決して順調とは言えない険しい道のりであったので、
恥ずかしながら初めて舞台で堪えきれず泣いてしまいました。

「これまで純平さんが東北にしてくれたことのお返しに、旗揚げ公演を仙台でさせてほしい」
という実行委員長 うえのみどり さんの熱い想いからスタートしました。
ポスターも作らず、メディアの宣伝も一切無しで全て人から人への口伝えで
札止め満席にしていただきました。
これまで何度も交流してきた 東六郷小学校や、亘理町からも沢山の応援団が駆けつけてくれました。
嬉しかった…

うえのさん から最後にいただいた言葉
「心を癒やし、心に付いた傷を癒せるのは、心だけ」
舞台人として、何が大切かという原点を
いつも東北から教えられます。
旗揚げの初日が東北で本当によかったです。

ご来場くださった皆さま、ありがとうございました。
そして、この公演実現の為にご支援をいただいた沢山の皆さま、
ありがとうございました。しっかりと想いを届けてきました。

最後に、こんな僕を信じてついてきてくれる自慢のメンバーとスタッフに感謝。

来年9月に静岡富士ロゼシアター公演が追加になり、これからあと7カ所で
この作品を上演します。
是非、会場にお越しくださいませ。

まずは、明日から1カ月ほど怒涛の学校公演ラッシュ。韓国にも遠征します。
何処へ行っても初心を忘れず、
各地に「熱響打楽」を届ける旅に出ます!
image
image
image
image
image
photo toshiyuki hiramatsu

いざ出陣!

いよいよ明日、旗揚げ全国公演の初日 仙台に向けて出発します。
今日も朝から舞台に使う道具や衣装、舞踊のカツラまで荷物がバンバン届きます。
同時に請求書も届く訳ですが😭
欲しかったけど我慢してたキャノン砲も、土壇場でやっぱり我慢出来ず買ってしまいました(笑)
もう悔いはありません。

初日は東北から!と決めてから、
沢山の方々から「東北に届けて!」と
支援をいただきました。
昨日も「山田純平×熱響打楽と共に」という寄書き旗を届けに来てくださった方もいます。
言葉になりません。

心血を注いで創り上げた舞台を、しっかり届けてきたいと思います。
image
image
image

悲しんご

静岡公演が終わってからすぐに打ち合わせで仙台に飛び、関西、そして長崎で昨日は演奏させていただき、岡山を経由して一週間ぶりに愛知に戻る最中です。
どの地でも素敵な方達が迎えてくださり、沢山の優しさと人間の最大の愛情→美味しいものも沢山ご馳走になりました。
これから怒涛のスケジュールの始まり、
各地にいる素敵な人達との繋がりに感謝して
太鼓で恩返しをしていきます。
各地でお世話になった皆様、ありがとうございました。
有名人になったシュンイチ君はサイドブレーキを100回位確認しながら頑張って運転していますが、
シンゴ君はハンドル握ると15分で目が半開きになるので全く使いものになりません😔
image

富士の母

9/4 全国ツアーのプレLIVEとして、静岡県は富士市で「熱響打楽LIVEin富士」を行いました。
地元実行委員会の方々のお力で前売りチケットはすぐに完売 。
初めて公演を行う地とは思えない程の盛り上がりで、楽しく演奏させてもらいました。
縁も所縁もなかった富士市で、なぜ私達が公演を開催できたかというと
昨年の熱響打楽フェスin西尾にさかのぼります。
今回の富士公演実行委員の方々が、富士市に住む 難病を抱える女の子を救う会の中心となって活動されていて、昨年の熱響打楽フェスin西尾に募金の呼びかけに来られました。
ステージでの呼びかけに、沢山のお客様がそれに応えて募金が集まり、女の子も無事に海外での手術も終えて今は元気に暮らしています。
その時からのご縁が、また人と人を繋ぎ、口コミだけで満席の大きな輪に広がりました。
人の縁って凄いなと改めて実感。
ご来場いただいたお客様はもちろんのこと、
公演実現の為に一生懸命動いてくださった実行委員会の皆さまにも本当に感謝の気持ちで一杯です。
難病であった女の子も観に来てくれて終演後に一緒に写真を撮ることができました。
発起人である実行委員長の矢部さんは、富士の山のように大きな心で私達を包んでくれる素敵な方です。
まさに「富士の母」
このご縁を大切に、また富士の地に戻ってこれるよう精進したいと思います。
image

ノンストップ

うちのシュンイチ君(20歳)がトラックの免許を取って、ようやく運転できるようになりました。
保険料がグンと上がりますが、その分たくさん働いてくれるだろうと期待しながら横に乗っていたら、エンジンの音がどうもおかしい…
なんと、サイドブレーキ引っ張ったまま力強い加速!
自分も師匠のトラックで色々とやらかした苦い記憶がありますので、
みんな通る道と笑ってやり過ごそう。
明日から9月。
サイドブレーキのシュンイチ君(20歳)も海とか遊びに行きたいだろうに、
この夏は毎日朝9時から夜遅くまで全て太鼓に捧げました。
実りの秋にして、あとで「これでよかった!」と言わせたい。
いよいよ日曜日には全国ツアーのプレLIVEが静岡富士市であります。
今月は長崎でイベント出演、そして全国ツアー初日の仙台公演と走り回りますので、
とにかく安全運転を心掛けて、
でも演奏は無難な安全運転ではなく、極限のパフォーマンスを心掛けていきたいと思います。
11月の西尾公演のチケットも残り少なくなっています。
お早めにお求めください。image

夏の幸

早いもので、もう8月に突入しました。
朝から稽古場の床は汗で水溜まりができ、午前中だけでTシャツ3枚着替えているメンバーもいます。
焼肉でスタミナをつけたりしながら来月の静岡、仙台公演に向けて稽古に励んでいます。
image
ただでさえ暑いのに
焼肉の暑苦しい画像では申し訳ないので
冷たい画像を。

image
先日、年末イベントの打ち合わせがあり、現場近くにある有名なカキ氷屋さんのカキ氷。
いつも凄い行列が出来ていて気になっていたのですが、今日は数人待ちだったので寄ってみました。
店内に入るとクーラー無しの狭い空間に、喉が渇いているのにチンチコチン(名古屋弁)のお茶が出てきて、
「来なきゃよかった…」
と溜息が漏れました。

でも、
珍しい きな粉がかかったカキ氷 が運び込まれ食べ進めると、
炎天下で並んでからの、暑い店内と熱いお茶の演出効果?で
やたら美味しく感じます。
35年の人生で1番美味しく感じたカキ氷かもしれません。
期待をいい意味で裏切られる この天然演出?のおかげで
「来てよかった〜」と大満足で店を後にしました。
最初「暑い 暑い!」と口々に言っていた周りのお客さんも、帰りには皆幸せそうな顔で
帰っていきます。

一瞬 「? 」と思っても最後の最後に「なるほど…!」と唸らされる。
人間は、いい意味で期待を裏切られると、深い感動を覚えるものです。

行列の出来るカキ氷屋さんに、演出の勉強をさせてもらいました。

熱響打楽フェスin西尾 2016

Studio燦-sun- 一門による 和太鼓の祭典
「熱響打楽フェスin西尾 2016」が無事に終わりました。
どんどん規模が大きくなっているので、うちのスタッフも総出で準備段階から
てんてこ舞いでしたが、なんとか乗り切りました。

出演者の皆さんおつかれさまでした。みんないい顔してました。
自分が舞台に立って演奏する事も好きですが、
こういう企画をして、沢山の人が喜びを分かち合い
皆の達成感に満ちた笑顔を見渡すことが、本当は自分が1番好きな仕事なのかもしれません。

舞台スタッフ、
半田蔵太鼓、打笑組、沙羅から来てくれたスタッフ
ありがとうございました。

ご来場いただいたお客様
ありがとうございました。

次の西尾千人太鼓に向けて?
次回「熱響打楽フェスin西尾」は来年6月の予定。
名古屋ブロック
「熱響打楽フェスin名古屋」 を来年1/9 名古屋ちくさ座 で初開催予定。
知多ブロックは
3月に少し形を変えて常滑市民文化会館で予定をしています。

どんな規模のイベントでもきっちりと仕切れるよう
もっともっとStudio燦-sun-の組織力を高めていきたいと思います。
皆さん付いてきてくださいね。

明日10時〜 旗揚げツアー「西尾公演」の一般発売開始です。
先行販売で結構な枚数が出ています。
いいお席はお早めにお求めください。
image

ファンクラブの皆様に発送

旗揚げ全国ツアー「仙台公演」と「西尾公演」のチラシが出来上がり、
今週ファンクラブ会員様に発送します。
まだまだ舞台創りはここからが勝負なんですが、とりあえずここまで辿り着いた…
デザイン、写真、衣装、タイトル 全てにおいてこだわり抜いたチラシを手に取っただけで早くも
込み上げてくるものがあります。

まずはファンクラブ会員の皆様に1番にお届けしたいので
ネットではまだ画像見せません(笑)

今回、メンバーやスタッフ皆が来月のフェスティバルの事でそれぞれ忙しく走り回っているので
私が事務所で1人ファンクラブ会員様に送る封筒の袋詰めをやりました。

宛先のシール貼りをやってみて、
改めて各地にこれだけ支えてくださっている人たちがいることを実感し、
本当に有難く思いました。

一つ一つ、このチラシが届いて手に取ってもらう会員様のことを思い丁寧に貼りましたので
届くの楽しみに待っていてください。
沢山の先行座席予約をお待ちしております。

まだまだファンクラブ会員様の募集もしており、
先行予約も間に合います。
是非↓まで!
HP nekkyo-dagaku.com/fanclub
℡ 0563-77-6598 (Studio燦-sun-)

そして今週末は第1回目の通し稽古。頑張る!

image

宣伝

Studio燦-sun- 一門による和太鼓の祭典 「熱響打楽フェスin西尾」まであと1ヶ月半ほど
それに向けて、連日スタジオでは老若男女たくさんの生徒が熱気に満ちた稽古を繰り広げています。

「西尾を日本一の和太鼓が響くまちに!」を合言葉に、約300名の出演者による一大祭典です。
チケットは事務局にある残り20枚程度で完売となりますので、お早めにお問い合わせください。
——————————————–
「熱響打楽フェスin西尾 2016」
2016年7月9日(日) 開演15:00(開場14:30)
愛知県西尾市文化会館大ホール
——————————————–

それと、夏の合宿講習会を開催します。
現在、定員の半分程が埋まってきました。
熱い太鼓仲間と一緒に思いっきり打ち込む2日間。
こちらもお早めにご検討ください。
——————————————–
「山田純平×熱響打楽」夏の合宿講習会2016
2016年8月6〜7日(土・日)