和楽総合芸術集団 山田純平×熱響打楽


プロデュース

プロデュース

和太鼓を核としたイベントを企画・制作・プロデュースしています。

大小様々なイベントに対応可能ですので、お気軽にご相談ください。

地域おこしの楽曲(常滑とっとこ囃子・武豊ドン!と囃子・西尾音絵巻・踊ろっCha!・大曽根ばやしetc..)の作詞・作曲・指導も行っております。

5年に一度のビックイベント「西尾千人太鼓

第1回 西尾千人太鼓(西尾市制60周年記念事業)

第1回千人太鼓

第2回 西尾千人太鼓(西尾市制65周年 西尾信用金庫創立105周年記念事業)

第2回千人太鼓

 

県内4カ所で開催!和太鼓の祭典「熱響打楽フェス

門下生500名による和太鼓の祭典。西尾・名古屋・知多・岡崎の各地区で開催

西尾地区「熱響打楽フェスin西尾 ~西尾を日本一の和太鼓が響くまちに~」

熱響打楽フェスin西尾2018

熱響打楽フェスin西尾

熱響打楽フェスin西尾2017

知多地区「熱響打楽フェスin知多半島

熱響打楽フェスin知多半島2018

熱響打楽_3191

熱響打楽フェスin知多半島2015

名古屋地区「熱響打楽フェスin名古屋

熱響打楽フェスin名古屋2020

熱響打楽フェスin名古屋2018

nekkyo-nagoya1

熱響打楽フェスin名古屋2017

岡崎地区「熱響打楽フェスin岡崎

熱響打楽フェスin岡崎2019

西尾夢太鼓

西尾を日本一の和太鼓が響くまちに!

西尾市制60周年記念事業「第一回西尾千人太鼓」は、2014年に開催されました。以来、市内の和太鼓文化は長足の進歩を遂げ、日本有数の和太鼓が響くまちになりました。
和太鼓の響きには、人々が明日を生きる力を呼び起こす不思議な力が宿っています。混迷を極める時代の中で、子どもたちには溢れんばかりの夢を抱いて欲しいものです。未来に向けて新たな一歩を踏み出す「きっかけ」として、「象徴」として、「西尾夢太鼓」が建造されました。
樹齢数百年の巨木から醸し出される深い響きは、世界に類がありません。西尾市にちなんで地上2,40メートルの偉容を誇る大太鼓は、西尾市の大きなシンボルとなり、必ずや新たな活力を呼び込む源となるでしょう。
「西尾夢太鼓」が放つ希望の音が、未来に向かう西尾市に響きわたりますように。
西尾夢太鼓 発起人
山田純平

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
所有     西尾市
寄贈     西尾信用金庫 平成30年3月
全高     240cm(台を含む)
打面     120cm(4尺)
重量     410kg(台360kg)
最大胴廻り  5m21cm(17尺2寸)
最大径    166cm(5尺4寸8分)
胴高     168cm(5尺5寸4分)
胴の材質   ブビンガ(樹齢約500年)
革      和牛黒褐色のヌキ(去勢した牛)
「夢」揮毫者 橘宗義(京都市北区 徳禅寺 住職)
製作     浅野太鼓楽器店(石川県白山市)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー