第2回西尾おと絵巻

こんにちは、ゴリラーマン蒲生です。

先日の日曜日に西尾市文化会館大ホールにて、
西尾市文化事業
山田純平プロデュースによる「西尾おと絵巻」が開催され大盛況で幕を下ろしました。

西尾市に所縁のある
SUGI-Jさん(ダンス)、 沢朋宏さん(CBCアナウンサー)、藤田誠樹さん(役者)
そして御存知西尾市観光親善大使でもある我らが山田純平(和太鼓)の4人が集まり、
和楽器、ダンス、朗読劇のコラボレーション!
そして、次世代の主役を担う
西尾市内の小中高生約100人の出演者による西尾のテーマ曲「西尾おと絵巻」を披露しました。

1部では、和太鼓の熱い演奏とクールで会場を鼓舞するダンスで盛り上がり、
和太鼓とダンスのコラボレーションでは時に同調しまた激しくぶつかり合いその日その瞬間にしか観れないパフォーマンスに会場が沸きあがりました。

2部は、
音楽劇「郷土の偉人 岩瀬弥助物語」
西尾に多大な貢献をした岩瀬弥助という人物の一生を物語にした朗読劇に
なんと、山田純平×熱響打楽も役者として出演しました。
どんな役だったかというと、物語の主役岩瀬弥助が失意のどん底にあった時にそれを励ましにくる町の若衆で
僕は寺の住職和尚さんを演じさせて頂きました。(写真参照)
写真では髪型がとんがってますが、そんなお坊さんはいないだろうと言うことで、本番は早着替えならぬ、早丸刈りを1部と2部の間にして役者魂を見せれたかなと。
熱響打楽メンバーの演技がどうだったかは置いといて僕たちの登場がお客さんにいい意味でサプライズになっていれば幸いです。

そして最後は
西尾のために山田純平がたテーマ曲「西尾おと絵巻」を出演者全員で大演奏。
子どもたちの元気なパフォーマンスとそれを見守るお客さんの手拍子が一体となって素敵なフィナーレを迎えれたように思います。

ご来場いただきました皆さま、この舞台に関わった全ての皆さま、ありがとうございました。

今日も明日も身近な人からまだ見ぬ人まで、和太鼓を通して元気と生きる活力を届けていく!

IMG_7462

IMG_7459

IMG_7458IMG_7449

よし、頑張ろう

兵庫県竜野市の新龍太鼓さんへ指導に行きました。
私個人として、新龍太鼓さんとはちょうど1年前に初めてお会いし交流させていただいています。

まだ2回しかお会いしていないにも関わらず、前日からバーベキューにお誘いいただいたり、練習の休憩には手作りの美味しいお弁当を用意してくださったり、、、
メンバーの皆さんが暖かく迎えてくださいました。
そんな皆さんからの、「駿ちゃん!神戸公演楽しみにしとるからね!」という一言が今の稽古の励みになっています。嬉しいです。
よし、頑張ろう。
もう1つ自分に火をつけることが、、

神戸公演の発売が始まるということで、松村組の松村公彦先生の元へご挨拶へ行きました。松村先生のお宅では、奥さんの松村初恵さんが美味しい料理を振る舞ってくださいました。師匠から聞いていた「カレー」は絶品でした(^^)
同じ席には松村組メンバーの同級生・鳥居侑平君も。
松村先生の熱い話から、私たち二人の高校時代のはなしまで、色々なお話ができ、とても楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました。

いつかは鳥居君と同じ舞台に、と二人でも話していました。
それまで彼からいい刺激をもらいながら、また一つ頑張っていこうと思いました。
よし、頑張ろう。

 

来週には西尾音絵巻が控えてます。
私たちの拠点西尾市に、とても貢献した偉人「岩瀬弥助さん」を題材にした舞台。出演する私たちも楽しみです。
ご来場のお客様お楽しみに。

よし、頑張ろう。

image image image