熱響打楽フェスin名古屋 2017

image

image

image

Studio燦-sun- 一門による和太鼓の祭典
「熱響打楽フェスin名古屋」

盛況のうちに幕をおろすことができました。
Studio燦が制作する舞台としては名古屋初進出。
お客様の笑顔と、出演者の達成感に満ちた笑顔
を沢山みる事ができた1日でした。
僕が旗を振る方向に沢山の同志が集まってくれて、
独りでは成しえない大きなものを創り上げる事が出来る。
本当に幸せな仕事をさせてもらっています。

熱響打楽フェスは
「in 西尾」 「in知多半島」
そして
僕の生まれ育った街「in名古屋」も加わり
3本柱となりました。
次世代まで繋いでいける祭典となるよう、
愛知の和太鼓文化を更に盛り上げていきたいと思います。
参加した皆さん、お疲れ様でした。
ご来場くださったお客様、ありがとうございました。

次の名古屋は

4月23日(日)
日本特殊陶業市民会館(名古屋市民会館)
「山田純平×熱響打楽」旗揚げツアー名古屋公演

絶賛発売中です。
メッセージでも承りますので、よろしくお願いします。

申し合わせ

名古屋で年越しイベントの打ち合わせをしてきました。
プロデューサー藤田氏、と能楽師の辰巳満次郎師
情熱と遊び心溢れる お二方に圧倒されっぱなしでした。
最近は夜の街に繰り出すことはめっきり減ったので、
久しぶりに楽しい時間を過ごしました。
ご縁を繋いでいただいたタケウチテクノ株式会社 様 にも感謝です。
「東別院 初鐘×デジタル掛け軸 」
皆様のお越しをお待ちしております。

image

image

image

地元 お披露目公演

和楽総合芸術集団「山田純平×熱響打楽」 地元西尾 お披露目公演 無事に幕をおろすことが
できました。

やはり、はじまりはいつも雨…
そんな足元の悪い中、全国各地から駆けつけてくださったお客様ありがとうございました。

オープニングから沢山の声援、そして沢山のお花や贈り物も頂戴し感謝の気持ちで一杯です。
協賛いただいた企業様、共催の西尾市文化会館、関わってくださった全ての方にお礼申し上げます。

旗揚げの時点で、こんなに沢山の方達が付いていてくださっている。
これほど心強いことはありません。
「和楽総合芸術」をテーマにした独自の舞台を確立させて、深く長く応援していただけるような
集団にしていきたいと思っています。

12/1には東京公演と名古屋公演のチケット発売開始になります。
名古屋の先行予約は、かなりいいペースで出ています。
いいプレッシャーを感じて、次へ次へともっと成長できるよう
昨日もメンバー、スタッフとノンアルコールで遅くまで反省会をしました。
それぞれが次への成長を誓いました。
どんどん進化させていきますので、何度でも観に来てください。

そしてご報告

この度、私 山田純平は西尾市より
「西尾市観光親善大使」を仰せつかりました。
この名に恥じぬよう、ますます精進していきますので
今後とも、よろしくお願い申し上げます。

image

image

image

image

image

image

語りつくせぬ青春の日々

地元西尾の一色高校和太鼓部から「全国大会に行きたい!」と作曲指導依頼があり、ここ2ヶ月ほど高校生と本気で向き合ってきました。最初は正直、数ヶ月で全国レベルの演奏に引き上げるのは難しいと思ったのですが、ひたむきで真っ直ぐな部員達は猛練習を重ね、別人のように変わりました。高校生の可能性は無限である、と驚かされました。いよいよ明日、知立市文化会館で県大会が行われます。僕はどうしても立ち合うことができませんが、お時間ある方は応援行ってあげてください。

そして、我々「山田純平×熱響打楽」の地元西尾お披露目公演が、いよいよ日曜日に迫りました。
ここまでも一筋縄ではいかないことが多いのですが、
いつもご支援いただける地元企業、団体様と、全国から駆けつけてくださるお客様がついてくれてると思うからこそ、踏ん張れます。
期待に応えられるようメンバー・スタッフ総力をあげて、いい舞台をつくりあげたいと思います。
西尾市文化会館との共催ということで、今週中から会館に乗り込んでじっくり時間をかけて仕込みをさせてもらいます。有り難き幸せ。

今日も地震のあった東北から、陣中見舞いにと大量のバナナが届きました
大好きな東北の人達が、どうかこれ以上傷つかないよう、大地が鎮まってくれることを祈ります。
みんな笑顔で。

image

image

image

神戸に

和太鼓松村組の神戸文化ホール公演に行ってきました。
ここで松村組メンバーとして最後の舞台を踏んでちょうど1年。
この1年いろいろありすぎて自分の中では、もう10年位たってる気もしますが…

初めて客席から観る神戸文化ホールの松村組。
ここは昔から組の者にとって1年で1番特別な日。
メンバー全員の意地を感じる渾身の舞台でした。
僕も10年以上この巨大な魔物のような舞台に育ててもらいました。
若手メンバーや見習いの子達の働きぶりを見ていると、
それぞれの立場でそれぞれの人生をかけて精一杯 命を燃やしていて
自分の以前の姿とも重ね合わせ、全てが無駄なことではないんだな
と思わされます。
本番前は、頑張りすぎているケンちゃんの楽屋で、
同世代の話し相手がいなくて寂しかろうと、
一緒に弁当をいただきながらバカ話をしていました。
それにしても、相変わらず観客の 心を躍らせる 親父さまの大太鼓。
怪物ですね。

この刺激を持ち帰って
今の自分のホームグラウンド「西尾市文化会館」
でのお披露目公演に向けて稽古稽古。

image

200人太鼓

今日は西尾ライオンズクラブ様からの依頼で、
うちのStudio燦-sun- 門下集結 200人太鼓を演奏しました。
あの西尾千人太鼓をやった会場です。
千人太鼓の時は外部から沢山の人の力をお借りしましたが、
あれからみんな沢山のフェスやイベントを経験し、うちの組織だけで搬入搬出、転換から演奏まで何とかスムーズにこなせるようになってきました。
出演した皆さんお疲れさまでした。
次の西尾千人太鼓に向けて、もっともっと結束力を高めていきましょう。

Studio燦-sun- 次の主催イベントは
名古屋を盛り上げます。

熱響打楽フェスin 名古屋 2017
1/9 名古屋ちくさ座
ひっそりとチケット発売開始しておりまして、
残り100枚を切っています。
これに向けin名古屋の出演メンバーも熱気に満ちています。
是非お越しください。

200人太鼓を終えて太鼓を全部積み下ろし後、
すぐにJr.メンバーの名古屋フェスに
向けた稽古を先ほどまでしていました。
中高生は底なしの体力です。
頼もしい!

image

image

おばあちゃん

常滑市民文化会館にて、おばあちゃんの大正琴発表会があり、開幕演奏で私が作詞作曲した「常滑とっとこ囃子」をやるというので観に行きました。
松本典子さんの唄にお世話になっている西川富幾先生の踊りも入り賑やかでした。
おばあちゃん90歳越えてるようには見えないでしょ?
今日は5曲も弾くと張り切っていました。
芸事好きなおばあちゃんに観にきてもらえるよう、常滑市でイベント仕掛けています。
来年3月19日、常滑市民文化会館主催の和太鼓・ダンスフェスティバルに出演&ステージプロデュースをします。
来年10/8は全国公演千秋楽を常滑市民文化会館で行います。
知多半島の皆さま予定を空けておいてください。
そして今から(15;10〜)知多半島の母校 日本福祉大付属高校 の和太鼓フェスティバルに出演です。
和太鼓部の20歳も年下!?の後輩達との共演もあります。
お近くの方まだ間に合います?

image

栄光への架け橋

韓国国立劇場 で演奏してきました。
日本と韓国の文化交流事業で、日本の演目と韓国の演目を交互に披露するという
舞台でした。
韓国の舞踊や太鼓も素晴らしい。
こちらも日本の太鼓に携わるものとして、少しでも韓国との文化交流の架け橋となれるよう
十八番演目を用意して臨みました。
客席はドッと湧いて大きな歓声と拍手をいただき、一安心。

今回、韓国舞踊の第一人者 鞠守鎬先生 が
うちのスタイルを評価してくださり、韓国への架け橋を渡してくださいました。
この9月に正式に旗揚げ公演を始めたばかりで、チームとしての実績は無いにも関わらず、
早くも海外で公演の機会をいただけたのは、先生のお力添えがあってこそのこと。
最後の食事会では芸道の大先輩として沢山の激励メッセージをいただき、
これからの大きな大きな財産となりました。

そして何より、苦楽を共にしているこのメンバーと一緒に世界の大舞台で勝負できることが
しみじみと嬉しく思えた旅でした。
舞台では真剣勝負張り詰めた空気になりますが、夜ソウルの街に繰り出して楽しそうにしている
メンバーの顔を見ていると、おこがましいかもしれないけれど、これから皆にもっともっといい思いをさせてあげたいと強く思いました。
和太鼓に宿る力が自分の力と過信することなく、和太鼓の魅力を引き出すことを真面目に追求していきたいです。
明日からまた早起き学校公演ラッシュの後半戦。子ども達に日本の誇る和太鼓の素晴らしさを
伝える挑戦です。

image

image

image

image

初日の幕が

和楽総合芸術集団「山田純平×熱響打楽」の旗揚げ全国ツアー
無事に初日の幕を仙台で開けることができました。

最後鳴り止まない拍手を浴びて、感謝の気持ちを伝えたいのに
逆に客席から「ありがとう」の声があちこちから聞こえ、
初日のここにたどり着くまで、決して順調とは言えない険しい道のりであったので、
恥ずかしながら初めて舞台で堪えきれず泣いてしまいました。

「これまで純平さんが東北にしてくれたことのお返しに、旗揚げ公演を仙台でさせてほしい」
という実行委員長 うえのみどり さんの熱い想いからスタートしました。
ポスターも作らず、メディアの宣伝も一切無しで全て人から人への口伝えで
札止め満席にしていただきました。
これまで何度も交流してきた 東六郷小学校や、亘理町からも沢山の応援団が駆けつけてくれました。
嬉しかった…

うえのさん から最後にいただいた言葉
「心を癒やし、心に付いた傷を癒せるのは、心だけ」
舞台人として、何が大切かという原点を
いつも東北から教えられます。
旗揚げの初日が東北で本当によかったです。

ご来場くださった皆さま、ありがとうございました。
そして、この公演実現の為にご支援をいただいた沢山の皆さま、
ありがとうございました。しっかりと想いを届けてきました。

最後に、こんな僕を信じてついてきてくれる自慢のメンバーとスタッフに感謝。

来年9月に静岡富士ロゼシアター公演が追加になり、これからあと7カ所で
この作品を上演します。
是非、会場にお越しくださいませ。

まずは、明日から1カ月ほど怒涛の学校公演ラッシュ。韓国にも遠征します。
何処へ行っても初心を忘れず、
各地に「熱響打楽」を届ける旅に出ます!
image
image
image
image
image
photo toshiyuki hiramatsu

いざ出陣!

いよいよ明日、旗揚げ全国公演の初日 仙台に向けて出発します。
今日も朝から舞台に使う道具や衣装、舞踊のカツラまで荷物がバンバン届きます。
同時に請求書も届く訳ですが😭
欲しかったけど我慢してたキャノン砲も、土壇場でやっぱり我慢出来ず買ってしまいました(笑)
もう悔いはありません。

初日は東北から!と決めてから、
沢山の方々から「東北に届けて!」と
支援をいただきました。
昨日も「山田純平×熱響打楽と共に」という寄書き旗を届けに来てくださった方もいます。
言葉になりません。

心血を注いで創り上げた舞台を、しっかり届けてきたいと思います。
image
image
image